『高松宮記念』、スズカフェニックス初GI制覇!!

25日、中京競馬場で行われた高松宮記念(4歳上、GI・芝1200m)は、武豊騎手騎乗の1番人気スズカフェニックス(牡5、栗東・橋田満厩舎)が中団追走から直線では馬場の中央を豪快に伸び、13番人気ペールギュントに2.1/2馬身差をつけ差し切った。勝ちタイムは1分08秒9(重)。さらにクビ差の3着に2番人気プリサイスマシーンが入り、3連単は546,450円の波乱となった。

勝ったスズカフェニックスは父サンデーサイレンス、母ローズオブスズカ(その父Fairy King)という血統。伯父に97年高松宮杯(GI)勝ち馬シンコウキング(父Fairy King)、92年英ダービー8英G1)を勝ったドクターデヴィアス(父Ahonoora)がいる。

2歳時の04年10月にデビューも、2度の長期休養を挟んだため、頭角を現してきたのは昨秋。準オープンの身で挑戦した朝日チャレンジC(GIII)でトリリオンカットから0.2秒差の4着に入ると、続く大原S(1600万下、京都・芝1800m)に勝ちオープン入り。その後も富士S(GIII)3着、京都金杯(GIII)5着と、重賞でも安定した走りを続け、1月27日の東京新聞杯(GIII)で重賞初勝利を挙げていた。通算成績17戦7勝(重賞2勝)。

『毎日杯』、ナムラマース快勝!ディープ弟3着 !!

無題mainitihai.bmp
ナムラマース(左)が早め先頭で押し切る。
2着はヒラボクロイヤル=阪神競馬場  

格が違った。単勝2・0倍の1番人気に支持されたナムラマースが直線半ばで外からあっさりと抜け出し、昨年の札幌2歳Sに続き2度目のG3制覇を飾った。これで重賞4戦〈2110〉。堅実さを武器に、引き続き藤岡佑とのコンビで皐月賞(4月15日・中山)へ乗り込む。2着は6番人気ヒラボクロイヤル。3着にはディープインパクトの異父弟・ニュービギニングが最後方から追い込んだ。

この勝利で、すっきりとした気持ちで東上できる。重賞で惜敗が続いていたナムラマース、そして札幌2歳S以来、久々にコンビを組んだ藤岡佑。人馬ともに完全に自信を取り戻し、確かな手応えをつかんだ。

道中はじっくりと中団待機。馬場状態を考え、外めのポジションを選んだ。4角では大外をひとまくり。早々と先頭に立つと、あとは独壇場だった。「力を信じて一番外を回った。目いっぱい、体を使って走ってくれる。本当に強い馬です」と藤岡佑は絶賛した。

さあ、次は皐月賞。福島信師は「これで彼と(のコンビ)は3戦3勝。代える理由がない」と早々と藤岡佑での参戦を表明した。鞍上も「本当に強い。胸を張って皐月賞へ行きたい」と気合が入る。まだ勝負づけは済んでいない。東上最終便を制した勢いも武器に、中2週の本番でも自慢の末脚を爆発させる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。