『第74回ダービー』、牝馬ウオッカが制し、64年ぶりの快挙!!

 3歳馬の頂点を争う中央競馬の第74回東京優駿(日本ダービー、G1)は27日、東京競馬場の芝2400メートルに18頭が出走して行われ、牝馬でただ1頭参戦した単勝3番人気のウオッカ(四位洋文騎手)が優勝した。牝馬のダービー制覇は1937年のヒサトモ、43年のクリフジに続き、64年ぶり3頭目の快挙。今秋には世界最高峰レースといわれるフランスの凱旋(がいせん)門賞に挑戦する計画もある。

無題darbi.bmp

 ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター。タニノギムレットは02年のダービー馬で父子2代の制覇。四位騎手、角居勝彦調教師ともダービー初優勝。北海道新ひだか町のカントリー牧場生産。馬主は谷水雄三氏。7戦5勝で、G1は昨年の阪神ジュベナイルフィリーズに次いで2勝目。獲得賞金3億6647万円。【田内隆弘】(毎日新聞)

 [払戻金]
単勝【3】 1,050円
枠連【2―8】 1,990円
馬連【3―16】 54,470円
馬単【3―16】 97,890円
3連単【3―16―14】 2,155,760円
3連複【3―14―16】 248,790円

今年の春のG1は大荒れでダービーこそは堅いと思われましたが、1番人気フサイチホウオーが敗れ、3連単215万馬券の大荒れでした。


現役ナース安斎あゆが、半年で1562万の資産を作っちゃった!1点買いで勝率91.2パーセントを維持し続けられる驚愕の競馬錬金術!+全額返金保障付き! 

『オークス』、外国産馬ローブデコルテが差し切り!!

20日、東京競馬場で行われたオークス(3歳牝、GI・芝2400m)は、福永祐一騎手騎乗の5番人気ローブデコルテ(牝3、栗東・松元茂樹厩舎)が中団から直線で外に持ち出して伸び、先に抜け出した1番人気ベッラレイアをハナ差捕らえて優勝した。勝ちタイムは2分25秒3(良)。さらに3/4馬身差の3着には8番人気ラブカーナが入り、2番人気ザレマは10着に敗れた。

20070520-00000005-kiba-horse-view-000.jpg

 勝ったローブデコルテは、父Cozzene、母Color of Gold(その父Seeking the Gold)という血統の米国産馬。従姉に03年牝馬三冠を達成したスティルインラブ、従兄に96年ラジオたんぱ賞(GIII)の勝ち馬ビッグバイアモンがいる。05年のキーンランドセプテンバーセールにて18万ドルで落札されていた。

 昨年7月のデビュー戦(函館・芝1800m)を制すと、続くコスモス賞(OP)でナムラマースの2着。阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)では4着だった。今年は1月の紅梅S(OP)で2勝目を挙げ、チューリップ賞(GIII)5着、桜花賞(GI)4着からここに臨んでいた。通算成績8戦3勝(重賞1勝)。(netkeiba.com - 2007/5/20 17:31)

JRA歴代2位、3連複193万馬券が飛び出す!!

19日、中京競馬場で行われた2R・3歳未勝利(芝2000m、18頭立て)で、藤岡佑介騎手騎乗の4番人気アグネスタイガが優勝。2着に11番人気テイエムアンコール、3着に16番人気リバーパッションが入り、3連複の配当は1,934,320円(816通り中547番人気)の大波乱となった。

この配当は、3連複では昨年9月9日に中京競馬場で記録された6,952,600円に次ぐ、JRA歴代2位の高配当となった。なお、JRA歴代の最高配当は05年10月22日東京12Rの3連単18,469,120円で、これが日本競馬最高配当となっている。 5月19日19時31分配信 netkeiba.com



『ヴィクトリアマイル』、コイウタが制し3連単228万の大波乱!!

13日、東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(4歳上牝、GI・芝1600m)は、松岡正海騎手騎乗の12番人気コイウタ(牝4、美浦・奥平雅士厩舎)が馬群の最内から伸び、逃げた9番人気アサヒライジングに1/2馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。さらにハナ差の3着には8番人気デアリングハートが入り、2番人気スイープトウショウは9着、1番人気カワカミプリンセスは10着に敗れた。3連単は2,283,960円の大波乱。

20070513-00000004-kiba-horse-view-000.jpg

勝ったコイウタは、父フジキセキ、母ヴァイオレットラブ(その父ドクターデヴィアス)、伯母にスワンS(GII)など重賞3勝のビハインドザマスクがいる血統。2歳時から重賞戦線で活躍を見せており、昨年のクイーンC(GIII)で重賞初制覇。続く桜花賞(GI)でも3着に好走した。その後、オークス(GI)で競走中止、秋華賞(GI)も17着に大敗するなど勝ち星から遠ざかっていたが、9番人気で出走したダービー卿CT(GIII)で2着に好走してここに臨んでいた。通算成績16戦5勝(うち地方1戦0勝、重賞2勝)。

 なお、馬主は歌手の前川清さん(名義は前川企画)で、JRA・GIは初制覇。このレースには俳優の小林薫さん所有のジョリーダンスも出走していたが5着に敗れている。 2007年5月13日(日) 15時46分 netkeiba.com


『NHKマイルカップ』、 ピンクカメオ大駆け!! 内田博中央G1初V

2007/05/06・東京馬場
▼ 第12回NHKマイルカップ
1着 ピンクカメオ 内田 1.34.3
2着 ローレルゲレイロ 藤田 1/2
3着 トムラマサノヨートー 小林 1/2

20070506g1-04.jpg

今や実力、知名度ともに地方競馬No.1の内田博幸騎手(36)=大井・荒井隆=が、23度目の挑戦でJRAのGIを初制覇。超伏兵ピンクカメオとのコンビで新たな記念碑を打ち立てた。この日の勝利は通算2876勝目となった。なお、ピンクカメオにはオークス(20日・東京)への参戦プランも浮上。その動向からも目が離せなくなった。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。