『有馬記念』9番人気マツリダゴッホが制覇し、大波乱決着!!

第52回有馬記念(23日・中山競馬場)は9番人気のマツリダゴッホが、先行策から最終コーナーで内を突いて抜け出し、初のG1級制覇を果たした。

 4歳牡馬の優勝は5年連続で、サンデーサイレンス産駒も4年連続5度目の勝利。蛯名騎手は2001年のマンハッタンカフェ以来となる有馬記念2勝目。2着には先行して粘ったダイワスカーレット、3着にはこのレースで引退となるダイワメジャーが入り、馬連が2万馬券、3連単は有馬記念史上最高配当となる80万馬券の大波乱決着となった。

 今年の春秋天皇賞馬で1番人気のメイショウサムソンは8着、今年の日本ダービー馬でファン投票1位の牝(ひん)馬ウオッカは11着と惨敗。有馬記念の売上金は約451億円で、前年比2・7パーセント増。 (読売新聞)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。