『第74回ダービー』、牝馬ウオッカが制し、64年ぶりの快挙!!

 3歳馬の頂点を争う中央競馬の第74回東京優駿(日本ダービー、G1)は27日、東京競馬場の芝2400メートルに18頭が出走して行われ、牝馬でただ1頭参戦した単勝3番人気のウオッカ(四位洋文騎手)が優勝した。牝馬のダービー制覇は1937年のヒサトモ、43年のクリフジに続き、64年ぶり3頭目の快挙。今秋には世界最高峰レースといわれるフランスの凱旋(がいせん)門賞に挑戦する計画もある。

無題darbi.bmp

 ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター。タニノギムレットは02年のダービー馬で父子2代の制覇。四位騎手、角居勝彦調教師ともダービー初優勝。北海道新ひだか町のカントリー牧場生産。馬主は谷水雄三氏。7戦5勝で、G1は昨年の阪神ジュベナイルフィリーズに次いで2勝目。獲得賞金3億6647万円。【田内隆弘】(毎日新聞)

 [払戻金]
単勝【3】 1,050円
枠連【2―8】 1,990円
馬連【3―16】 54,470円
馬単【3―16】 97,890円
3連単【3―16―14】 2,155,760円
3連複【3―14―16】 248,790円

今年の春のG1は大荒れでダービーこそは堅いと思われましたが、1番人気フサイチホウオーが敗れ、3連単215万馬券の大荒れでした。


現役ナース安斎あゆが、半年で1562万の資産を作っちゃった!1点買いで勝率91.2パーセントを維持し続けられる驚愕の競馬錬金術!+全額返金保障付き! 

この記事へのコメント
はじめして〜
遊びにきました(-^〇^-)
Posted by 競馬極秘必勝法 at 2007年05月28日 21:31

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://8po7oae.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月20日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 15:45

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。