『フェブラリーステークス』、ヴァーミリアンが圧勝!!

フェブラリーステークス◇東京競馬場

出走取消明けも、2年ぶりのマイル戦も、王者は歯牙にもかけなかった。
昨年のダート王ヴァーミリアンが完ぺきな強さで、国内を制圧。史上3頭目のフェブラリーS、JCダートVを飾った。
これでGT4連勝。昨年は4着に敗れたドバイワールドC(3月29日、UAE・ナドアルシバ競馬場)へ向けて、大きく弾みをつけた。
武豊は21年連続で中央GT制覇をマークした。
2着には昨年に続いてブルーコンコルドが入り、2番人気のフィールドルージュは競走中止となった。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/91676710

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。